【Canon EOS RP】を半年使った私がフルサイズミラーレスデビューにおすすめする5つの理由

・APS-Cからフルサイズへステップアップしたい
・予算を抑えてフルサイズデビューしたい
・EFレンズを持ってる

おすすめの理由

  1. フルサイズミラーレスで10万は安い!
  2. 約2620万万画素、瞳AFと高性能!
  3. ボディ485gと軽量!
  4. EFレンズが使える!
  5. 撮って出しJPEGの評判が良い!

安い

EOS RPは新品でもボディ11万円台、キャッシュバックキャンペーンの活用や中古で探せば10万円以下でボディの購入が可能です。

フルサイズミラーレスの現行機種比較でSONYだとα7c、α7Ⅲ、となりますが、価格は20万前後と高額になりす。

同価格帯で比較となると、α7Ⅱで約5年前の機種と比較するか、APS-Cサイズのα6600となります。

現行機種でボディが新品10万円のフルサイズミラーレスはかなり低価格といえます。

高性能

低価格帯ではありますが、機能は十分に充実しているといえます。
R5、R6、Rなどと比べると劣る部分はありますが、フルサイズミラーレスデビューとして導入するには十分な機能が揃っていますし、上位機種同様RFレンズが使えるので描写性も当然優れています。

軽い

フルサイズ一眼レフでありながら485gという軽さ。これは魅力です。軽いことで持ち出し機会も増えるのでエントリー機として軽いことは重要だと思います。

RF50mmf1.8 stmのレンズは160gと超軽量なので、RPと組み合わせるとわずか645g。RF50mmf1.8は2万円台と安価なので、軽くて安いコスパの良いエントリーキットだと思います。

2021年「RF16mmf2.8 stm」が発表されました!165g・3万円台!

さらに2021年から予約が開始され、10月末発売予定となっているRF16mmf2.8 stmも165gと軽量で税別で3万円台とコスパがよく使用頻度が増えそうなレンズが発表されています。
RPと組み合わせたら、わずか650gのフルサイズ広角16mmのカメラが誕生します!16mmのフルサイズが片手で気軽に撮影できるスナップ機になるのは楽しみです。動画にも活用できそうです。電子手ぶれ補正を加えると、電子手ぶれ補正弱で約19mm、強で約21mmらしいのでちょうどいいですよね!軽くてコンパクトなレンズなので、自撮りもできそう。

EFレンズが使える

マウントアダプターを使えばEFレンズが使えます。もともとEFを持っている方はもちろんですが、歴史あるEFレンズが使えることによってレンズの選択肢がぐっと増え、描写性能の高いレンズが中古で安く導入することもできます。

APS-C用 EFレンズも使える(クロップ撮影)

APS-Cサイズ用のEFレンズでもクロップモードであれば使用可能です。(※クロップ時は1160万画素)
APS-CのEFレンズを使っている方は、ひとまずはレンズをそのまま活用できるメリットがあります。

撮って出しJPEGの評判が良い

EOS RPは撮って出しJPEGの評判が良いようです。比較的高コントラストで出るため、RAW現像を行わなくても撮って出しのJPEGで十分に完成された写真として仕上がります。クオリティの高いJPEGが出てくることで撮影も楽しくなりますし、すぐにSNSへアップしたり、子供の撮影もするのですべての撮影データをRAW現像するのは大変という方にとっても嬉しいポイントだと思います。
ピクチャースタイルを使うことでイメージに近い写真が撮れるので、エントリー機としておすすめです。

10万円台でスタートできるボディ+レンズの組み合わせ

  1. EOS RP ボディ + RF50mm F1.8stm 約12.5万〜13.5万
  2. EOS RP ボディ + RF24-105mm F4-7.1 IS STM 約14万〜15万
  3. EOS RP ボディ + RF35mm F1.8 マクロ IS STM 約15万〜16万
  4. EOS RP ボディ +EF-EOS R マウントアダプター(コントロールリング無し) +EF50mm F1.8 STM 約12.5万

中古市場価格でざっくり、10万円台で導入できるボディ+レンズの組み合わせです。
とはいえEOS RPもRFレンズも中古があまり出回っておらず価格もそこまで下がっていません。

新品でもキャンペーンでキャッシュバックなどを活用すると実質もっと安く導入できる可能性もあります。

期間限定ですが今はこちらのキャンペーンが行われています。

https://cweb.canon.jp/eos/campaign/eos-aut2021/

EF-EOS R マウントアダプターはおすすめ

EF-EOS R マウントアダプター(コントロールリング無し)

EF-EOS R マウントアダプターはコントロールリングがあるもの(価格コム参考:28,050円〜)と、コントロールリングが無いもの(価格コム参考:12,480円〜)があります。

・EFレンズの選択肢が増える!
・RFレンズはまだ少なく、高額
Rシリーズを導入したらRFレンズを使うのが一番理想ですが、レンズのラインナップがまだ少なく高額です。そこで「EF-EOS R マウントアダプター」を購入しておけばEFレンズが使えるようになりますので、中古市場から自分の好みのレンズを選択することもできるようになります。

コスパ◎!おすすめの格安EFレンズ

レンズは高額になればなるほど良いレンズであることは間違いありませんが、それでも様々な焦点距離のレンズが欲しくなります。お出かけのスタイルによってもレンズを付け合えて楽しみたいものです。
以下はEFレンズは私が個人的にかなりコスパが良いと思うレンズです。写りも良く、中古市場で安く手に入れられるレンズです。(※素人の個人的意見です。)

  •  EF50mm F1.8 STM 12,000円〜(価格コム中古価格)
  •  EF24-105mm F4L IS USM 39,800円〜(価格コム中古価格)
  •  EF40mm F2.8 STM 13,200円〜(価格コム中古価格)
  •  EF75-300mm F4-5.6 IS USM 13,800円〜(価格コム中古価格)

おすすめのEFレンズの装着イメージ

EF50mm F1.8 STM 12,000円〜(価格コム中古価格)

EF24-105mm F4L IS USM 39,800円〜(価格コム中古価格)

EF40mm F2.8 STM 13,200円〜(価格コム中古価格)

EF75-300mm F4-5.6 IS USM 13,800円〜(価格コム中古価格)

まとめ

予算を抑えてミラーレス一眼のフルサイズデビューをしたい方にはCanon EOS RPはおすすめです!
レンズ交換も楽しみたいガジェット好きの方にはEF-EOS R マウントアダプターは必須アイテムかな、と思います。

ご紹介したEFレンズはこちら

最新情報をチェックしよう!