【2021年版】MotoGPを見る方法。おすすめはHulu!

昨年は新型コロナの影響で7月の開幕、レースは全14戦と縮小されていましたが、2021年のMotoGPは3月28日から開幕し全20戦が予定されています。

2021は、マルク・マルケスの復活、クアルタラロのYAMAHAワークスライダーとして参戦、昨年ポールポジションを獲得した中上貴晶の走り、Moto2に昇格した小椋藍など、楽しみがたくさんあります。

今年の放送は?

今年も地上波では放送されません。
視聴方法は昨年と変わらず、4つの方法になりそうです。

4つの視聴方法

視聴方法視聴料金必要環境内容
BS日テレ無料BSの受信環境が必要ハイライト放送
日テレG+(ジータス)月額990円
(2週間の無料お試しあり)
CSの受信環境が必要
(スカパー基本料月額429円)
決勝はリアルタイム
(放送時間がずれる可能性あり)
Hulu月額1026円
(2週間無料お試しあり)
インターネット環境が必要予選・決勝リアルタイム配信(日テレG+の内容)
公式ビデオパス年間139.99ユーロ(約17500円)インターネット環境が必要フリー走行から決勝までライブ配信。※英語実況のみ
有料オプションで様々なデータを見ることも可能

個人的には、
・ハイライトではなくフルで見たい
・日本語実況で見たい

と思うので、日テレG+Huluがオススメ。

日テレG+、Hulu 比較(メリット/デメリット)

日テレG+

メリット・録画ができる
デメリット・導入の敷居が高い(CS受信環境とスカパー契約が必要)

Hulu

メリット・導入の敷居が低い
・Moto GP以外の動画コンテンツが豊富
・スマホで見れる
デメリット・録画不可
・ライブ配信のみ(見逃し視聴できない)
・TV画面で見るには専用の接続ケーブルが必要

Huluに比べて日テレG+のメリットはなんといっても録画できることかと思います。

逆に言えばそれだけかな、と思います。

スカパーが見れる環境があれば良いですが、そうでない方はCSアンテナの購入・設置工事だけで5〜10万円はかかってくると思います。また日テレG+単体では990円ですが、スカパーの基本料429円があるので、新規で導入を検討した場合は月額1419円が必要となりHuluの月額1026円より高くなります。

おすすめはHulu

結論、個人的にオススメしたいのはHuluです。

https://www.hulu.jp/motogp

MotoGP以外のコンテンツの充実を考えると、十分コスパが良いと言えます。
MotoGPを見ない人たちでもHuluを契約してる人は多いですよね!

もしMoto GPのライブ配信を見逃しても、損と感じさせないサービスだと思います。

HuluのMotoGPライブ配信では4つの映像を切り替えて見ることができます。
・日テレG+映像
・オンボードカメラ
・空撮カメラ
・ライブトラッキング

まとめ

個人的にはやはりHuluがオススメです。
今現在(2021年4月10日)は名探偵コナンの映画も見れますし、キッズ向けチャンネルもあるので家族で楽しむことができます。

※今回紹介した視聴方法は2021年の今現在私が調べたもので、今後変更されるかもしれません。

地上波で放送されることを期待しつつ、今は他の方法で視聴してMotoGPを応援しましょう。

moto2021視聴方法
最新情報をチェックしよう!