タブレット時代到来。選ぶべきiPadは?iPad比較!

WEBのコト
スポンサーリンク

スマホのハイスペック化と普及が進みきり、今まさにタブレットへの期待も高まっています。5G時代を迎える前に、タブレットのハイスペック化も進み、生活に入りこみはじめていますね。

2019年の最新iPadラインナップをご紹介します。

スポンサーリンク

iPad PRO 12.9/11インチ

iPad PRO
(出典:https://www.apple.com/)

ノートPCからの買換え検討!プロ向けの高機能でメインマシーンになる!

  • プロの絵を描く作業も快適に
  • キーボードを付けたらまさにPC
  • アナログに近い感覚のApple pencil

iPadの最高スペックであるこちらは、まさにPCが不要となるプロユースモデルといえます。

A12X Bionicチップを搭載した本機は、iPad9.7インチのおよそ3倍の性能を誇ります。

イラストレーターなどのアーティストには画面の大きい12.9インチがおすすめ。

Apple pencilは絵を描くだけでなく、紙に書く感覚でメモを取ることができるので、様々な職種・シーンに重宝するでしょう。

iPad Air

iPad Air
(出典:https://www.apple.com/)

高性能ながら低価格。コスパNo.1筆頭。

  • 旧(第二世代)iPad Pro10.5インチをパワーアップした性能で低価格化
  • コストパフォーマンスNo.1候補
  • 幅広い用途をカバーする標準モデル

「iPad Air」としては第3世代ですが、旧(第二世代)iPad Pro10.5インチにA12 bionicチップを搭載してパワーアップしています。

最廉価モデルは64GBで5万4800円(税別)とかなりお買い得です。ラインナップの充実化によって存在感は薄いかもしれませんが、コストパフォーマンスといういみではiPadの中でトップクラスかもしれません。

iPad mini

iPad mini
(出典:https://www.apple.com/)

内ポケットに入るハイスペックタブレット

  • Apple pencil対応
  • ポケットに収まるサイズ感
  • 300gの軽量タイプ

iPadの中で最もコンパクトなmini。日本ではもともと人気がありましまが、2015年の第4世代以降更新がありませんでした、

しかし2019年、iPad Airと共に復活しました。iPad Airと同じく最新のA12 bionicチップを搭載しており、コンパクトながら処理能力は高いです。

iPad miniはスーツの内ポケットに入るサイズ感のため、通勤通学時の読書にも使いやすく、最軽量のwifiモデルは300.5gととても軽くできています。

また、Apple pencilが使えることも魅力です。Mac bookユーザーであれば、併用することで利便性は格段に上がるでしょう。

iPad

iPad
(出典:https://www.apple.com/)

迷ったらコレ。iPad最廉価モデルながら十分の満足できるスペック

  • 3万7800円(税別)と低価格
  • Apple pencil対応
  • ほとんどのユーザーは本機で十分満足できる

初代iPadと同じ9.7インチのディスプレイの第6世代モデルです。画面サイズは初代から変わらないですが、本体自体はコンパクトになり軽量化されています。

32GBモデルは3万7800円(税別)、128GBは4万8800円(税別)と手の出しやすい価格帯が魅力です。

この価格帯ながらも、A10 Fusionチップを搭載し、十分な性能を実現しています。

簡単なビジネス、家族で動画やネットサーフィン、子供の学習ツール、レジとして、など、これらの利用であれば十分問題なく使えるでしょう。

まとめ

スマホが普及しきった昨今、次の展開としてタブレットの進化が加速してきています。ノートパソコンとタブレットの境界線がいよいよ無くなってきましたね。

用途に合わせて端末を選択すれば良いですが、端末を手に入れることで新たな使用場面が発見でき、ビジネスの効率化や生活の充実に繋がるかもしれません。

タブレットの購入、ぜひ検討してみてください!

コメント

この記事を書いた人
Ryo

週末パパライダー。
バイク、カメラ、ウェブ、日々の云々薀蓄を書いていきます。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました