【Yongnuo 35mm f2.0】レビュー・作例【EOS RP】

Yongnuo35mm

Yongnuo 35mm f2.0は、キヤノンのEFマウントに対応している中華製のオートフォーカス対応単焦点レンズです。
f2.0の明るさのオートフォーカスレンズでありながら、お手頃な価格で楽しめる人気のレンズです。

EF35mm F2やRF35mm F1.8 STMなど純正の単焦点レンズは高価なので、安く35mmの明るいレンズが欲しい方におすすめです。

 
おすすめポイントを紹介するよ
 
コメントキヤノン用のEFマウントと、ニコン用のFマウントがあるから間違えないように!

ポイント1: コストパフォーマンスに優れている

Yongnuo 35mm f2.0は、他の35mmレンズと比較して非常に低価格で購入できます。レンズレパートリーを増やしたいカメラ初心者にとって手頃な価格で手に入れることがでいるのでおすすめです。

単焦点レンズで開放F値2.0と明るく、ボケ味の美しい撮影が可能です。また、35mmの広角な焦点距離で、日常スナップや風景など普段使いがしやすいレンズです。手ぶれ補正はありませんが、オートフォーカス機能が搭載されているため、手軽に撮影できます。しかも、同等品であるキヤノンやニコンのレンズよりも、かなり安価で購入できるため、初心者や予算に制限のある人にもおすすめです。

品質面では純正レンズに劣る部分もありますが、f2.0のあかるさでまずまずの写りを楽しめます。優れたコストパフォーマンスを提供していると言えます。

ポイント2: 簡単な操作性

Yongnuo 35mm f2.0は、シンプルで簡単な操作性が特徴のレンズです。まず、レンズ自体が非常に軽量でコンパクトなので、持ち運びや取り扱いが非常に容易です。

また、レンズマウントはキヤノンEFマウントやニコンFマウントに対応しており、カメラ本体に簡単に取り付けることができます。そのため、交換レンズの取り扱いが初めての人でも簡単に扱うことができます。

さらに、レンズの操作性も非常にシンプルです。オートフォーカス機能が搭載されており、フォーカスリングの操作もスムーズで、AFとMFのスイッチもあり簡単に切り替えられます。初心者でも簡単に扱うことができます。

ただし、手ぶれ補正機能はないため、シャッター速度でカバーする必要はありますが、明るいレンズなので問題ないでしょう。簡単な操作性は初心者にとって大きなメリットであり、このレンズを手軽に使いこなすことができるため、高品質な写真を撮ることができます。

ポイント3: 美しいボケ表現

Yongnuo 35mm f2.0は、F値が2.0と明るいため、美しいボケ表現を生み出すことができます。このレンズは、背景をぼかして被写体を引き立たせるのに非常に適しています。また、円形の絞り羽根を採用しているため、ボケが美しい円形になります。

作例

EOS RPで、マウントアダプターをつけて撮影した作例です。全て解放F2.0で撮影した作例です。
Lightroomでレンズプロファイルを当てて現像しています。撮って出しは結構な樽方収差が出ます。

まとめ

Yongnuo 35mm f2.0の作例紹介をしました。
純正レンズの方が、性能も描写力も高いのは当然ですが、35mmの単焦点で、f2.0の明るさを1万円台の価格で購入できるのは魅力です。オートフォーカスの音はジージーというので、動画には向かないですが、写真用であれば十分に楽しめる印象です。

35mmの広角と、f2.0の明るさは、子供の撮影に最適です。
50mmだとこともとの距離をとる必要がありますが、小さな子供がいる方には35mmは非常に使いやすい画角です。

レンズラインナップを増やしたい初心者にもおすすめできるレンズなので、純正レンズの前に試してみる価値はあると思います。

キヤノン純正の35mmなら

カメラ・レンズ・家電のDigiMart
¥71,000 (2024/06/14 18:22時点 | 楽天市場調べ)
キヤノン
¥87,000 (2023/02/17 00:43時点 | Amazon調べ)
キヤノン
¥19,799 (2023/02/17 00:43時点 | Amazon調べ)

GOOPASS
5.0

GOOPASSは、約2,500種類のカメラ・レンズの日本最大級レンタルサービスです。
利用シーンに応じてワンタイムプラン(1泊2日〜)と、サブスクプラン(月額制)を使い分けることで、カメラをもっとお得に、もっと賢く利用することができます。